2007年01月05日

Canvas 〜セピア色のモチーフ〜

Canvas 〜セピア色のモチーフ〜
Canvas 〜セピア色のモチーフ〜
メーカー カクテル・ソフト 発売日 2000/11/24
シナリオライター 宮村優、トノイケダイスケ、雨城弘明 原画 ☆画野朗、魚、ぽん酢
Canvas 〜セピア色のモチーフ〜

レビュー
シナリオ グラフィックス 音楽 文章(力) システム 熱中度 余韻度
2 4 3 3 2 3 2
総評 D 53

一言で締めるのコーナー
「至って普通」


以下詳細レビュー
シナリオ 2点
 何を描きたかったのかいまいち分からないシナリオ
純粋に絵画について悩み、成長していく主人公を描けばよかったものを
恋愛要素のほうが遥かに強く、「Canvas」に付加要素すら感じられない
 中身は普通のギャルゲー
幼なじみキャラやら妹キャラやら先輩キャラやら……
平々凡々なシナリオを展開してくれます
グラフィック 4点
 FCの専売特許淡い彩色の洗練された画
なのだが………
一人だけおかしいよね? 見間違いですかね?
いや、違う、奴だけは別格だ!!!!!!!
そう、ぽん酢氏の描く七城柚子だけは見るに耐えない
 ここまで酷いと思ってしまった理由は恐らく二つ……
一つは魚氏と☆画野朗氏が上手すぎなことと
ショートでボブなとこ(笑
音楽 3点
 フツーですね、ほんとに
文章(力) 3点
 これもまたフツー
一つだけ挙げられる特異点といえば
主人公の言動、一挙一動が無駄にカッコイイ(笑
別に気にしなければそうでもないし、主人公の性格も無難なヘタレなんですが
妙に大人っぽく達観してて、ホントにFCのシナリオ内の高○生かよ? と思ったり
 プレイする機会があれば初登場シーンから注目してみてください(失笑
システム 2点
 セーブが異様に使いにくい
20個は少なすぎる。クイックあわせても25個
しかも日付だけで見にくい
熱中度 3点
 さして熱中できるともいえないのですが
妹キャラが青山ゆかりさんだったのでラストまでプレイ
後は放置です(笑
余韻度 2点
 いろんな意味で騙されましたね
絵だけ買いにしてみても、一人だけ化け物がいるので要注意
総評 D
 つまらない作品の典型
コンシューマーに移植されたり、逆移植DVD版が出るのは何故なのだろうか?
軽い気持ちで手に取る事はお勧めしません


タグ:Canvas
posted by PP at 14:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。