2006年11月18日

巣作りドラゴン

巣作りドラゴン
巣作りドラゴン
メーカー ソフトハウスキャラ 発売日 2004/6/25
シナリオライター 内藤騎之介 原画 佐々木珠流、ちんじゃおろおす、明音、田宮秋人、G・むにょ
巣作りドラゴン

レビュー
シナリオ グラフィックス 音楽 文章(力) システム 熱中度 余韻度
1 3 3 3 5 5 4
総評 C 62

一言で締めるのコーナー
「熱しやすく冷めやすい実用ゲー」


以下詳細レビュー
シナリオ 1点
 シナリオは無いに等しい。期待してはいけません。
むしろソフトハウスキャラは、ゲームジャンルを作るためにあからさまに適合した話をとってつけているように感じる
グラフィック 3点
 無意味にキレイなCG達。ヒロイン達より捕虜のほうがかわいい(笑
 だが、だが!
モンスターのデザインと絵が悪すぎる
ドラクエ5を思い出してしまったくらいです
 ゲーム中お世話になり、愛着のわくモンスター達、彼らこそ美麗に、クールに描いてほしかった
音楽 3点
 OPとED曲はあるのだが、ゲームの周回プレイが楽しすぎてスキップしてしまう(笑
聞いていて問題ない程度
文章(力) 3点
 いたって普通なのだが、あのキャラの立て具合はあからさますぎかと………
捕虜たちの描き方はちょっと新鮮
システム 5点
 こいつあ素晴らしいシュミレーションシステムだ
戦闘自体は自動なんですがハマってしまう
難を言えば、迎撃位置は個別に指定させてほしかった、ドラッグ&ドロップ等で
さらにシステム再起動毎にタイトルロゴ表示は、地味にリロードゲーしては痛い
熱中度 5点
 24時間は遊べます
巣を作って、モンスター雇って、侵入者を撃退して……
バトルは自動だし、ダメージ判定もシンプルなのだが、何故か楽しい。とてつもなく楽しい
ガンホー
余韻度 4点
 楽しかったといえば楽しかったが
突き詰めてしまうと「必殺無効」か「不死身」スキル持ちじゃないと話にならないので
それなりにモンスターが制限されてしまうのが残念だった
またそれによってスキル覚え直しのリロード弊害が…
 ストーリーもクソ同然でランクSSSを取ったら終わり、と
感慨耽る暇も無く終了
総評 C
 ゲームらしいゲームではあるが、18禁で出す理由が見つからない
ソフトキャラハウスの出すソフト全般に言えることだが。
 コンシューマーでシュミレーションや経営ゲームが好きな方は手を出して見ましょう
はまれること請け合い


posted by PP at 16:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。