2006年11月07日

はぴねす!りらっくす

はぴねす!りらっくす
はぴねす!りらっくす
メーカー ういんどみる 発売日 2006/7/28
シナリオライター セロリ、高嶋栄二、ちゃとら、保住圭、北川晴 原画 こ〜ちゃ
はぴねす!りらっくす

レビュー
シナリオ グラフィックス 音楽 文章(力) システム 熱中度 余韻度
2 5 3 2 3 2 3
総評 D 54

一言で締めるのコーナー
「所詮はファンディスク」


以下詳細レビュー
シナリオ 2点
 前作の攻略対象キャラとのその後を各々描いたシナリオ+準シナリオなのだが……
読むのがつらい程つまらない
いわゆるその後の”人生”を描いていたのはツインテールだけで
他のキャラはちょっとしたイベントシーンの追加である
これほど意味の無いシナリオはないだろう
 そして期待していた準シナリオ………残念ながらクソでした
あのキャラクター性が準の旨みだったのに何故か消極的に……
シナリオも突拍子がなかった
グラフィック 5点
 差分がこれでもかというほど多い
PiaキャラロG.Oが紙くずに見える
エロCGが特に顕著で差分のおかげで非常に萌えれる
このゲームの唯一の長所
音楽 3点
 普通
前作からの持ち越しばかり。
文章(力) 2点
 終わっている方は本当に終わっている…
読めるには読めるが、面白くもなく、ウィットもきいていない
台詞だけ故、キャラの立ち絵で萌える以外にユーザーが得るものは何もない
シナリオの最低さも相まって読む気にはならない
システム 5点
 前作に続いて素晴らしいシステム
これ以上ないほど素晴らしいが、ゲーム上のインターフェースでコンフィグ変更できたらキレイだったかなぁ
熱中度 2点
 ツインテール以外スキップしました
スキップ中でもそれなりにシナリオは読めるのだが(速読ぎみ)…つまらないですから
どのみち前作キャラで好き嫌いははっきりしているので、準と好きなキャラのシナリオ読んで後はセーブデータでCGコンプみたいな
 麻雀はエフェクトが邪魔
積み込みって、哲也かよ(笑
余韻度 3点
 シナリオは駄目だし、キャラは魅力が減ったし、良いとこなしなのだが……
夢オチウハウハ萌エロゲームと認識していればALLオーケー(ちょっ
総評 D
 ファンディスクにしては外回りのクオリティが高くて、内容が薄いというか駄作という作品
はぴねすはぴねすでしかなかったと……
はぴねす!で肌に合わなかった場合はプレイを控えたほうがいいですね
準シナリオのために購入するのもお勧めしません


posted by PP at 19:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。