2006年10月24日

こんな娘がいたら僕はもう…!!

こんな娘がいたら僕はもう…!!
こんな娘がいたら僕はもう…!!
メーカー あかべぇそふとつぅ 発売日 2006/9/29
シナリオライター 衣笠彰梧 原画 有葉
こんな娘がいたら僕はもう・・・!! 通常版

レビュー
シナリオ グラフィックス 音楽 文章(力) システム 熱中度 余韻度
3 5 3 3 3 4 3
総評 C 67

一言で締めるのコーナー
「劣化クラナド


以下詳細レビュー
シナリオ 3点
キャラによって解決か殻に閉じこもるか分かれるのが痛い
あすかと沙希のシナリオはいい感じ
他のシナリオはただラブコメしているだけという…
展開が唐突すぎるのも減点
信頼関係→愛情に変わる、とかそんな描写ぶっ飛ばして
仲良くなったら即ベットです(笑
グラフィック 5点
進化してますね。
車輪の頃のなっちゃんの手のでかさと、正面顔の絵崩れに引きましたが
今回はだいじょーぶ
むしろアレさえなきゃ、この独特の絵はうけがいいと思う
Hシーンは何故か静止画で「動き」を表していて一部に好評
音楽 3点
うーん…普通です。
曲数は少なめ、か。ボーカル曲も鳥肌ものというわけではない。
文章(力) 3点
るーすぼーい氏に負けないよう努力した跡は読み取れる
さりとて目標ははるか彼方
笑わせようとしている点は評価できるが、ススムはすべっているし
芳宏はツメが甘い
システム 3点
セーブポイントはありあまる
スキップ速度は普通
熱中度 4点
絵が萌えだしラブコメ風味なので無駄に熱中してしまう
プレイ中盤は楽しいが、収束すると落ち目
余韻度 3点
全キャラ、スキップしないでちゃんと読めた。
これって意外に凄いことじゃないか?(殴
沙希シナリオを中盤、あすかをラストにもってきたからか、
終わりは良かった
ススムと樹は消化不良
総評 C
普通のエロゲーの領域。
萌えと微ギャグ(管理人造語:微妙に笑えるギャグ)が入っていて、
攻略対象が熱中度を維持させてくれるので
エロゲー初心者にお勧めかもしれない(笑

タイトルが内容と全く関係なく、ユーザーを嘲笑っているかのようで怒り心頭
余談だが、OHPのキャラ紹介を見るとネタバレするので見ないように


posted by PP at 21:39 | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。