2006年10月24日

Canvas2 DVD EDITION

Canvas2 DVD EDITION
Canvas2 DVD EDITION
メーカー F&C FC01 発売日 2006/10/6
シナリオライター 宮村優、定池真実、田中タクヤ 原画 七尾奈留、魚、ちこたむ、倉嶋丈康

レビュー
シナリオ グラフィックス 音楽 文章(力) システム 熱中度 余韻度
2 5 3 3 3 2 3
総評 D 56

一言で締めるのコーナー
「やっぱりエリスは名塚 佳織さん」


以下詳細レビュー
シナリオ 2点
全部同じストーリー……。
それも内容は非常に微妙。
個別シナリオも担当者が違うので出来がバラバラ
グラフィック 5点
さすが七尾さん。
原画の方はシナリオと違って統一性がありますね
いやむしろ七尾さん以外も、FC特有の淡い感じの絵に調整されていて
どれも上手い。
音楽 3点
とくになし
文章(力) 3点
いたって普通だが、単調、淡白。
そう大して期待はしていなかったから裏切られる事もなかったが
芸術関係、教職関係に対する専門的事象は盛り込まれていない
絵画を主軸にするならイロハぐらいは下調べしろよ
システム 3点
妙に選択肢が多い。
クイックS/Rは優秀。
容量を非常に抑えてインスコできる、うれしい限りだ
熱中度 2点
エリスボイスが名塚さんじゃないので日常が苦痛。
熱中というかちゃんとプレイできたのは朋子シナリオだけ
余韻度 3点
別に霧シナリオじゃなくても結局解決するよね…
シナリオクリア後の余韻は悪くはない
総評 D
クソゲー一歩手前、かも
コンシューマーや原作プレイ済みの方は朋子シナリオ目当てでしょうけど、
その朋子自身もあまり褒められたシナリオ運びでなく
当人のボイスもコリャまた…(私的にはありだと思うが

音楽も全体的に貧相、シナリオは面白くない、日常は単調
メインヒロインボイスが悪いetc
褒めるべき要素は絵ぐらい

結局アニメの櫻井さん+名塚さんコンビが最強すぎたか……
アニメ時の朋子の使い方は良かった
PC版の朋子シナリオも悪いとまではいかないが


posted by PP at 01:50 | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。