2008年06月18日

ウィザーズクライマー

ウィザーズクライマー
ウィザーズクライマー
メーカー ソフトハウスキャラ発売日 2008/05/30
シナリオライター 内藤騎之介 原画 佐々木珠流、明音、皇征介
ウィザーズクライマー

レビュー
シナリオ グラフィックス 音楽 文章(力) システム 熱中度 余韻度
1 4 3 3 5 5 5
総評 C 69

一言で締めるのコーナー
「やっぱり極悪周回プレイ」


以下詳細レビュー
シナリオ 1点

 なんちゃってファンタジー。その名の通り、です。

システム 5点
 バトルはAIオート。 育成はモンスターファームぽいです。
ただし、周回プレイの引継ぎが徐々に増えていったり、最大値保持だったり、周回前提が楽しいゲームです。
AIに毎回難有り。 ガンビット以下、カルネポの足元にも届きません。
そろそろORかIFを使わせていただきたいです。

速度的には高速+アプリ速度変更8倍ぐらいで快適です。

熱中度 5点
 育成・塔制覇・大会出場・シーン回収・周回プレイ、と軽く20時間は遊べます。

余韻度 5点
 やっぱりこういう積み込みゲームや、AIシステムは大好きです。
誰でもテクニックを必要とせずガンガンやり込めるので。

総評 C
 どうしてもストーリーが弱く、点数が伸び悩んでしまうソフトハウスキャラさん。
ゲーム性は画力とAIを除けば非常に魅力的な作りで、数字の変化を楽しむ=ゲームであると認識させてくれます。
ちょうどこの時期に積み込みゲームが四作品(リミレ、海猫、ウィザクラ、戦女神)が重なってしまいましたが、
最初にプレイしたせいかのめり込めました。
ストーリー性を求めないのなら推せますが、時間が取れない場合は極力避けたいですね(笑



posted by PP at 21:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | レビュー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。